FC2ブログ

アオジ雄

最近はコロナ禍で遠出もできず、天候も悪くあまりフィールドに出られないのでおとなしく文献を読んでみたり標本をつくったりしています。

ところで、Featherbase というオンライン羽図鑑サイトをご存知でしょうか。世界中の鳥類の羽標本がオンラインで閲覧でき、羽の大きさをモニター上で計測できたりもする画期的なサイトです。

部位の識別ができ、ある程度見当を付けられないと調べづらい点はありますが、とにかく多くの種の羽を見ることができるのはとても魅力的です。といっても掲載種がヨーロッパの鳥に偏っているので、日本を含むアジアや極東の鳥は普通種でも掲載されていない種が多くあります。ぜひ日本の羽屋勢で充実させていけたらと思います。

私もよく揃った標本はスキャンをとって登録を進めているところですが、その中で最近作った標本についてブログにも書いておきます。

アオジM20180414京都府explanation(resize)
アオジ 雄
4月 京都府
性別は分かりやすい個体でしたが、齢判定が困難でした。尾羽は幼羽から換羽済みでしたが、第1回冬羽でも尾羽を換えている個体がいるようです。全体的に摩耗は殆どなく、成鳥のように見えましたがそれだけでははっきりしませんね。渡り前(渡り中だったかも)の時期らしく、皮下脂肪がかなりついている個体でした。

羽画像はFeatherbaseのページの方が高画質で見れるはずなのでそちらのリンクを貼っておきます。
残念ながら、サイト上では1つのスキャンの中で各羽の部位はわからないので、自分の標本だけでもと思い部位名を書き込んでみました。少し見づらいかもしれませんが、風切や尾羽はもちろん、体羽の部位ごとの形状の違いにも着目してみると面白いと思います。部位の名称は茂田ほか(1986)や今年出版されたMoult and Ageing of European Passerinesの第2版を参考にしました。下雨覆の初列と次列の区別がなされていなかったので、ここではそれぞれPrimary、Secondaryを付けてみました。

参考
石本あゆみ(1992)アオジEmberiza spodocephala personata幼鳥(第1回冬羽)の性の識別について.山階鳥研報24:1-12
茂田 良光, 佐野 裕彦(1986)鳥体外部の名称.標識協会誌1(3):56-69
Lars Svensson(2011)ヨーロッパ産スズメ目の識別ガイド
Lukas Jenni,Raffael Winkler(2020)Moult and Ageing of European Passerines.Second Edition
スポンサーサイト



3/8ボルネオ島遠征 コタキナバル市内

3/8~3/17までマレーシア領ボルネオ島へ行ってきました。
高校の頃に修学旅行でシンガポールとマレーシアに行ってから、東南アジアは必ずまた行きたいと思っていたのですが、今回知人からお誘いを受け初めてのボルネオ島行きを決めました。もっともコロナウイルスの関係で結局私以外は来ることができず、不本意ながら一人旅になってしまったのですが…。少しずつ影響が出てきていた頃でしたが、東南アジアではまだあまり感染者が出ていなかったこともあり、もちろんある程度のリスクは覚悟の上でですが決行することにしました。

関空を3/7の深夜発の飛行機に乗り、2時という意味不明な時間の機内食を食べたりで結局寝られないまま乗り継ぎのクアラルンプールに着きました。そしてコタキナバル空港に着いたのは昼前。空港で見たアマサギとアナツバメで東南アジアに来たことを実感しました。
grabで宿に移動し、街で換金を済ませてから夕方に早速タンジュンアルビーチへ。市をやっているようで人が多かったですが、海岸沿いの公園のような環境で鳥を探し、低地性の鳥をそれなりに見ることができました。正直後半に行ったキナバル山での探鳥が刺激的すぎてあまりそれまでの探鳥の記憶がないのですが、写真とフィールドノートを見返しながら書いてみようと思います。
IMG_5284[1]
こんな感じで樹木がまばらに生えていて開けていますが、すぐ内陸側にはもっと広い林もあります。

Olive-backed Sunbird キバラタイヨウチョウ
さっそく現れたのはOlive-backed Sunbird(キバラタイヨウチョウ)の雌。東南アジア的普通種で、前に行ったシンガポールや半島マレーシアでも見ましたが、やはり日本にいないグループの鳥がいるだけで異国感があって良いですね。

Collared Kingfisher
Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)
高いところばかりでしたがよく見かけました。

Green Imperial Pigeon
Green Imperial Pigeon(ミカドバト)
こちらも普通種。結構大きくて見ごたえがあります。Zebra Dove と一緒に地上で採餌していました。

Pied Triller マダラナキサンショウクイ
なにか梢に飛んできた!と思ったら Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)雄。
珍しいわけではないはずですが、分布域的な制約もあってか今回の行程ではここで1度きりの出会いでした。

Blue-naped Parrot
移入種ですが数が減っており、ここではそれなりに安定して見られると聞いていた Blue-naped Parrot(コオオハナインコモドキ)も無事に観察できました。木々の間を飛び回るのはよく見えるのですが、撮影となるとなかなか難しかったです。

Oriental Magpie-robin シキチョウ雌
ゴミ捨て場のようなところに現れたのは Oriental Magpie-robin(シキチョウ)です。英名がよく合った鳥だと思いますね。スズメと一緒に採餌していました。

Yellow-vented Bulbul メグロヒヨドリ
Yellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)

Pink-nacked Green Pigeon コアオバト雄
Pink-necked Green Pigeon(コアオバト)雄
雌は日本のアオバトのような緑色なのですが、雄は強烈な色をしています。樹上で木の実をひたすら食べてました。

初日はこんな感じで普通種中心に低地性の鳥をのんびり見られました。日程の殆どを高地で過ごす予定だったので、結局この日しか見られなかった鳥もちらほら…。

宿のスタッフはとてもフレンドリーで話すのは楽しかったです。そんなこんなで1日目終了。適当に街で食事を済ませ翌日に備えました。
IMG_5281.jpg
コタキナバル市内のフードコートにて。慣れない形式で少し戸惑いましたが美味しかったです。

観察種
Eurasian Tree Sparrow Passer montanus スズメ
Rock Dove Columba livia ドバト
Eastern Cattle Egret Bubulcus coromandus アマサギ
Great Egret Ardea alba ダイサギ
House Crow Corvus splendens イエガラス
Brahminy Kite Haliastur indus シロガシラトビ
Spotted Dove Spilopelia chinensis カノコバト
Zebra Dove Geopelia striata チョウショウバト
Little Green Pigeon Treron olax チビアオバト
Pink-necked Green Pigeon Treron vernans コアオバト
Green Imperial Pigeon Ducula aenea ミカドバト
Blue-naped Parrot Tanygnathus lucionensis コオオハナインコモドキ
Glossy Swiftlet Collocalia esculenta シロハラアナツバメ
Swiftlet sp.
Collared Kingfisher Todiramphus chloris ナンヨウショウビン
Sunda Pygmy Woodpecker Yungipicus moluccensis マレーコゲラ
Common Iora Aegithina tiphia ヒメコノハドリ
Pied Triller Lalage nigra マダラナキサンショウクイ
White-breasted Woodswallow Artamus leucorynchus モリツバメ
Malaysian Pied Fantail Rhipidura javanica ムナオビオウギビタキ
Yellow-vented Bulbul Pycnonotus goiavier メグロヒヨドリ
Pacific Swallow Hirundo tahitica リュウキュウツバメ
Asian Glossy Starling Aplonis panayensis ミドリカラスモドキ
Oriental Magpie-robin Copsychus saularis シキチョウ
Olive-backed Sunbird Cinnyris jugularis キバラタイヨウチョウ
Chestnut Munia Lonchura atricapilla キンパラ
25種+
アナツバメの仲間はたくさん飛び回っていますが識別が難しく、正直よくわかりません。とりあえずシロハラアナツバメは見た…。

2/8~2/27九州

こんにちは。先月九州に行ってきたので久しぶりに羽以外の記事を書こうと思います。

後期試験を終えるとすぐに鳥取を発ち、下関から拝んだことしかなかった九州へ初上陸です。他の用のついででしたが、3週間弱滞在できたので空き時間で鳥を探すことに。

滞在先周辺をぶらぶらしているとやけに警戒心の低いトビに出会いました。
トビFA長崎県佐世保市 (11)resize
とても近くで観察できました。通りすがりのおじさんは触れていましたし最初怪我でもしているのかと思いましたが、そういうわけでもないようで、普通に飛べていました。いったい何だったのか…。光彩色、胸の羽毛のパターンなどから雌成鳥と推定。

ホシムクドリ佐賀県佐賀市川副町大字犬井道 (4)resize
ホシムクドリ
年末に鳥取でツグミの群れに1羽だけ混ざっていたのを遠目に見ただけだったこの鳥も、百羽単位の本種のみの群れで見られ、さすが九州だなあと感じました。羽を拾ってみたいものです。

ヘラサギ諫早市諫早中央干拓 (8)resize
ヘラサギ
夏羽が出始めていて美しかったです。山陰で鳥を見ていると九州と冬場の鳥のラインナップがちょっと似てくるんですよね。それでも大陸系の鳥は流石に見やすくて良いですね。

ナベヅルB群諫早市諫早中央干拓 (11)
ナベヅルの家族
渡り途中なんでしょうね、初めて見ました。撮影が下手なので顔にピント合わせるのに苦戦しますが、見ごたえのある鳥でした。

かなりざっくりとかいつまんでの振り返りですが、その他にも面白い観察ができました。悪天候の中あちこち連れ回してくれた友人に感謝します。寒かったけどとても楽しかった。
次回は生き物メインで訪れたい場所ですね。春にシギチ修行&羽採集に行かなければ…。

ハイタカ雌

去年の春に貯水池の畔で散乱していたもの。フクロウかオオタカにでも襲われたのでしょう。

F2cy-P20190316兵庫県_convert_20200213103435
ハイタカ雌(Accipiter nisus/Eurasian Sparrowhawk) 2019/3/16 兵庫県
推定第2回冬 初列風切
何度か不揃いの食痕を見つけたことはあったのですが、殆ど揃っているのは初めてでした。サイズや色味から雌と推定。

20200213104543aa9.jpeg
裏面は縞模様のコントラストがより強く、これらの羽が飛翔を下から見上げた時に見える明瞭な鷹斑を構成しているのが分かります。

F2cy-S20190316兵庫県_convert_20200213103710
次列・三列風切など
コンプリートはできず。初列風切と合わせていかにもAccipiter属らしい美しい羽です。
一部に褐色味が強く、摩耗具合の異なる幼羽らしき次列風切が残っている(右から4枚目、7枚目)ことから第2回冬(第3暦年春)の個体と考えました。

2020021310452861e.jpeg
風切と初列雨覆もまとめて並べてみると多分こんな感じ。内弁の白色部はより内側の羽の外弁により隠されます。
翼先分離は6枚。内弁や外弁に欠刻のある初列風切が形づくっています。

202002131045176ac.jpeg
右側その他の部位。次列・三列風切(右)、雨覆、小翼羽、肩羽、下尾筒、脇羽、などなど…分からなかったものもあった気がします(撮ってから随分たつので忘れました汗)。こちらにも淡色の羽縁のある羽毛がわずかに混ざっています。採集時から注意して探してはいたのですが、残念ながら尾羽は1枚も見つかりませんでした。どこか別の場所で抜かれたのかもしれませんね。

続きを読む

セグロセキレイの尾羽の羽縁

結局受験期の更新はほとんど出来ず、遅ればせながらご報告まで。とりあえず大学生になってます。
去年の6月に書こうと思って下書きのまま放置していたものをやっと今(2019年12月)になって更新するという怠慢ぶりです(汗)。

さて、数年前のものですがセグロセキレイの尾羽で気になる個体を手に入れました。
20180401205129f5e.jpeg

セグロセキレイ(Motacilla grandis/Japanese Wagtail)
尾羽 白バック
左T3,4は伸長中で、櫛状の変異?のようです。模様はほぼ左右対称ですが、T5は左右で白色部の入り方が若干異なっています。摩耗具合はどの羽もほぼ同じなので、旧羽と新羽の差というわけではないようです。個人的にはこのくらい左右非対称な個体は一定数いるのではと考えていますが、十分な数を見られているわけでもないのでよくわかりません。

201804012051503be.jpeg

黒バック

20180401205214ed7.jpeg

少しアップで見ると白い羽縁が入るのが分かります。よく見るハクセキレイほど顕著ではないものの、細い羽縁がありました。ハクセキレイのT1~4には白い羽縁が入り、セグロセキレイには入らないのが一般的なようです。今までも羽単体で落ちていた時に、羽縁のあるものはハクだろうと思って見ていたので、初見で困惑してしまいました。詳しい方に伺ったところ、この程度なら入る個体もいるのではとのご意見を頂きました。実際は羽縁の幅もより細く、摩耗具合も合わせてよく見れば分かるかもしれませんが、なかなか難しそうです。
当然といえば当然ですが、特に一つの特徴のみでの判断だとこういったイレギュラー(?)な個体を見落とす可能性もあるなあと再認識させられました。といってもハク/セグロセキレイのT1~4では羽縁以外の外部形態の識別点を知らないのでどうしようもないのですが、そもそもすべてを完璧に同定しようとするのが不可能に近いので仕方ないかなと。この個体は風切なども一式揃っているので、そのうちアップするかもしれません。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
鳥取県在住の生き物好き大学生。
西日本を中心に野鳥観察、羽毛収集などをしています。
生き物ブログのつもりで始めたはずが、気付けばほぼ羽ブログに。誤同定などありましたらご指摘頂けると幸いです。
写真の無断使用は固くお断りします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる