fc2ブログ

3/10ボルネオ島遠征 Crocker Range1日目

間が空きすぎてしまいましたが、ボルネオ島遠征3日目です。

宿のお兄ちゃんがレンタカーで連れて行ってくれると言うので、お願いしてコタキナバルから45分ほど、Crocker Range National Parkへ。後になってみれば少しぼったくられた気もし、多分自分でバスとタクシー使って行った方が安くついたように思いますが、今回は初めての海外一人旅だし問題なく着くことを優先したということで…。次行く時は気をつけたいところです。
標高は1900 mほどで、到着した昼過ぎには日差しがきついなあと思っていましたが夜はかなり冷えました。宿に食事が無かったため、インスタントラーメンを持ち込んで食べてました(笑)。エアコンが無かったので非常に寒く、ダウンジャケットを着て寝たのが懐かしいです。とりあえず到着後、昼から軽く周辺で鳥見しました。ところどころ非常に急な勾配の林道沿いを歩いて鳥を探しますが、そんなに鳥影は濃くありませんでした。それでもやはり標高を一気に上げたので鳥類相はだいぶ変わります。確認できた種数の割にライファーも多かったです。

White-throated Fantail
White-throated Fantail(Rhipidura albicollis kinabalu/ノドジロオウギビタキ)
独特のしぐさなど、Fantailは良い鳥でした。図鑑によると Spotted Fantail も普通に見られるようでしたが、私は結局見られず…。

Mountain Leaf Warbler
Mountain Leaf Warbler(Phylloscopus trivirgatus kinabaluensis/ミナミムシクイ)
酷い写真ですが…。この日は探鳥前にスコールが降ったので、暗くて私の腕では証拠写真を量産することしか叶いませんでした。まぁ、その分双眼鏡ごしに目に焼き付けたので良しとします。

Mugimaki Flycatcher
Mugimaki Flycatcher(Ficedula mugimaki/ムギマキ)
聞き覚えのある声がすると思ったらムギマキでした。ここでは多いようで、その後何度も見かけました。不思議とキビタキは一切見かけないなあと思っていたら、もう少し標高の低いところで越冬しているようです。この後行ったキナバル山ではオオルリも見ましたが、日本で渡り期や繁殖期に見られる鳥が越冬している様子を見られたのは良い経験でした。

キジ科好きな私としては、初めて生でCrimson-headed Partridgeの声を聞いてテンションが上がりました。その後毎日聞くことになりましたが(笑)。
夜は土砂降りのスコールでした。

観察種
Black-and-white Bulbul?(車窓から)
Indian Cuckoo
Hawk-eagle sp. (Challengeable / Blyth’s?)
Crimson-headed Partridge
White-throated Fantail
Bornean Treepie
Sunda Bush Warbler
Mountain Leaf Warbler
Sunda Laughingthrush
Everett’s White-eye
Snowy-browed Flycatcher
Mugimaki Flycatcher

10種+
スポンサーサイト



3/9ボルネオ島遠征

コタキナバル二日目です。宿で朝食を済ませた後、朝からgrabで中心部から少し北の方にあるリカスラグーンへ。

IMG_5295[1]

海岸に近い湿地で、畔には小規模ですが林やヨシ原のような草地なども広がっていました。浅いところにはシギ類も少しながらいました。現地のバーダーと会い、いろいろ教えてもらいながら探鳥。

Asian Glossy Starling
Asian Glossy Starling(Aplonis panayensis/ミドリカラスモドキ)

Brahminy Kite、House Crow
Brahminy Kite(Haliastur indus/シロガシラトビ)に追われるHouse Crow(Corvus splendens/イエガラス)
シロガシラトビが周辺で営巣していたようで、近くを通るイエガラスをしょっちゅう追い払っていました。

Purple Heron
Purple Heron(Ardea purpurea/ムラサキサギ)
いつか本州でも見てみたいものです。

Spotted Dove
Spotted Dove(Spilopelia chinensis/カノコバト)
湖畔の芝生でのんびり日光浴してました、めっちゃかわいい。

ワニ警告看板Pacific Swallow
ワニがいるそうで警告の看板も立っていましたが見られず。しれっとリュウキュウツバメがとまってます。

ミズオオトカゲ
ミズオオトカゲなら一度だけ見ました。かなりの存在感で興奮しましたが、のしのし歩いてすぐに水中へ行ってしまいました。

Collared Kingfisher
Collared Kingfisher(Todiramphus chloris/ナンヨウショウビン)
街灯の上なんかにもとまってます。

羽の方はというと、ラグーンのほとりでOriental Darterの羽が散乱していました。

昼には暑くなるので宿に戻り、明日に備え買い出しに行くことに。宿の窓から見た街路樹にとまるクロサギが新鮮でした。コタキナバルの街中はあまり綺麗ではなく、下水臭?がして臭いところもありましたが、街は賑わっており活気がありました。フードコートがあちこちにあり、安くボリュームのある食事がとれます。何度か注文してみましたが、どれも美味しかったです。マレー人はチキンが好きなのか安いからなのか、チキン料理が多い印象でした。聞こえてくるのはマレー語ばかりですが、英語を話せる人も少なくないよう。しかしマレー語訛り?の英語は聞き取りづらくしばしば苦戦しました…。
夕方宿に戻ると、こっちにきて初めての日本人と出会いました。これからキナバル山に登るそうで、日本語が通じるとやはりほっとしますね。

観察種
Yellow Bittern (Ixobrychus sinensis/ヨシゴイ)
Nankeen Night Heron (caledonicus Nycticorax/ハシブトゴイ)
Eastern Cattle Egret (Bubulcus coromandus/アマサギ)
Grey Heron (Ardea cinerea/アオサギ)
Purple Heron (Ardea purpurea/ムラサキサギ)
Great Heron (Ardea alba/ダイサギ)
Pacific Reef Heron (Egretta sacra/クロサギ)
Oriental Darter (Anhinga melanogaster/アジアヘビウ)
Brahminy Kite (Haliastur indus/シロガシラトビ)
White-breasted Waterhen (Amaurornis phoenicurus/シロハラクイナ)
Common Greenshank (Tringa nebularia/アオアシシギ)
Common Sandpiper (Actitis hypoleucos/イソシギ)
Rock Dove (Columba livia/カワラバト(ドバト))
Spotted Dove (Spilopelia chinensis/カノコバト)
Zebra Dove (Geopelia striata/チョウショウバト)
Little Green Pigeon (Treron vernans/コアオバト)
Black-nest Swiftlet (Aerodramus maximus/オオアナツバメ)?
Glossy Swiftlet (Collocalia esculenta/シロハラアナツバメ)
Swiftlet sp.
Collared Kingfisher (Todiramphus chloris/ナンヨウショウビン)
Common Iora (Aegithina tiphia/ヒメコノハドリ)
White-breasted Woodswallow (Artamus leucorynchus/モリツバメ)
House Crow (Corvus splendens/イエガラス)
Yellow-vented Bulbul (Pycnonotus goiavier/メグロヒヨドリ)
Pacific Swallow (Hirundo tahitica/リュウキュウツバメ)
Ashy Tailorbird (Orthotomus ruficeps/アカガオサイホウチョウ)
Asian Glossy Starling (Aplonis panayensis/ミドリカラスモドキ)
Javan Myna (Acridotheres javanicus/ジャワハッカ)
Scarlet-backed Flowerpecker (Dicaeum cruentatum/セアカハナドリ)
Olive-backed Sunbird (Cinnyris jugularis/キバラタイヨウチョウ)
Eurasian Tree Sparrow (Passer montanus/スズメ)
Eastern Yellow Wagtail (Motacilla tschutschensis/ツメナガセキレイ)
31種

アオジ雄

最近はコロナ禍で遠出もできず、天候も悪くあまりフィールドに出られないのでおとなしく文献を読んでみたり標本をつくったりしています。

ところで、Featherbase というオンライン羽図鑑サイトをご存知でしょうか。世界中の鳥類の羽標本がオンラインで閲覧でき、羽の大きさをモニター上で計測できたりもする画期的なサイトです。

部位の識別ができ、ある程度見当を付けられないと調べづらい点はありますが、とにかく多くの種の羽を見ることができるのはとても魅力的です。といっても掲載種がヨーロッパの鳥に偏っているので、日本を含むアジアや極東の鳥は普通種でも掲載されていない種が多くあります。ぜひ日本の羽屋勢で充実させていけたらと思います。

私もよく揃った標本はスキャンをとって登録を進めているところですが、その中で最近作った標本についてブログにも書いておきます。

アオジM20180414京都府explanation(resize)
アオジ 雄
4月 京都府
性別は分かりやすい個体でしたが、齢判定が困難でした。尾羽は幼羽から換羽済みでしたが、第1回冬羽でも尾羽を換えている個体がいるようです。全体的に摩耗は殆どなく、成鳥のように見えましたがそれだけでははっきりしませんね。渡り前(渡り中だったかも)の時期らしく、皮下脂肪がかなりついている個体でした。

羽画像はFeatherbaseのページの方が高画質で見れるはずなのでそちらのリンクを貼っておきます。
残念ながら、サイト上では1つのスキャンの中で各羽の部位はわからないので、自分の標本だけでもと思い部位名を書き込んでみました。少し見づらいかもしれませんが、風切や尾羽はもちろん、体羽の部位ごとの形状の違いにも着目してみると面白いと思います。部位の名称は茂田ほか(1986)や今年出版されたMoult and Ageing of European Passerinesの第2版を参考にしました。下雨覆の初列と次列の区別がなされていなかったので、ここではそれぞれPrimary、Secondaryを付けてみました。

参考
石本あゆみ(1992)アオジEmberiza spodocephala personata幼鳥(第1回冬羽)の性の識別について.山階鳥研報24:1-12
茂田 良光, 佐野 裕彦(1986)鳥体外部の名称.標識協会誌1(3):56-69
Lars Svensson(2011)ヨーロッパ産スズメ目の識別ガイド
Lukas Jenni,Raffael Winkler(2020)Moult and Ageing of European Passerines.Second Edition

3/8ボルネオ島遠征 コタキナバル市内

3/8~3/17までマレーシア領ボルネオ島へ行ってきました。
高校の頃に修学旅行でシンガポールとマレーシアに行ってから、東南アジアは必ずまた行きたいと思っていたのですが、今回知人からお誘いを受け初めてのボルネオ島行きを決めました。もっともコロナウイルスの関係で結局私以外は来ることができず、不本意ながら一人旅になってしまったのですが…。少しずつ影響が出てきていた頃でしたが、東南アジアではまだあまり感染者が出ていなかったこともあり、もちろんある程度のリスクは覚悟の上でですが決行することにしました。

関空を3/7の深夜発の飛行機に乗り、2時という意味不明な時間の機内食を食べたりで結局寝られないまま乗り継ぎのクアラルンプールに着きました。そしてコタキナバル空港に着いたのは昼前。空港で見たアマサギとアナツバメで東南アジアに来たことを実感しました。
grabで宿に移動し、街で換金を済ませてから夕方に早速タンジュンアルビーチへ。市をやっているようで人が多かったですが、海岸沿いの公園のような環境で鳥を探し、低地性の鳥をそれなりに見ることができました。正直後半に行ったキナバル山での探鳥が刺激的すぎてあまりそれまでの探鳥の記憶がないのですが、写真とフィールドノートを見返しながら書いてみようと思います。
IMG_5284[1]
こんな感じで樹木がまばらに生えていて開けていますが、すぐ内陸側にはもっと広い林もあります。

Olive-backed Sunbird キバラタイヨウチョウ
さっそく現れたのはOlive-backed Sunbird(キバラタイヨウチョウ)の雌。東南アジア的普通種で、前に行ったシンガポールや半島マレーシアでも見ましたが、やはり日本にいないグループの鳥がいるだけで異国感があって良いですね。

Collared Kingfisher
Collared Kingfisher(ナンヨウショウビン)
高いところばかりでしたがよく見かけました。

Green Imperial Pigeon
Green Imperial Pigeon(ミカドバト)
こちらも普通種。結構大きくて見ごたえがあります。Zebra Dove と一緒に地上で採餌していました。

Pied Triller マダラナキサンショウクイ
なにか梢に飛んできた!と思ったら Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)雄。
珍しいわけではないはずですが、分布域的な制約もあってか今回の行程ではここで1度きりの出会いでした。

Blue-naped Parrot
移入種ですが数が減っており、ここではそれなりに安定して見られると聞いていた Blue-naped Parrot(コオオハナインコモドキ)も無事に観察できました。木々の間を飛び回るのはよく見えるのですが、撮影となるとなかなか難しかったです。

Oriental Magpie-robin シキチョウ雌
ゴミ捨て場のようなところに現れたのは Oriental Magpie-robin(シキチョウ)です。英名がよく合った鳥だと思いますね。スズメと一緒に採餌していました。

Yellow-vented Bulbul メグロヒヨドリ
Yellow-vented Bulbul(メグロヒヨドリ)

Pink-nacked Green Pigeon コアオバト雄
Pink-necked Green Pigeon(コアオバト)雄
雌は日本のアオバトのような緑色なのですが、雄は強烈な色をしています。樹上で木の実をひたすら食べてました。

初日はこんな感じで普通種中心に低地性の鳥をのんびり見られました。日程の殆どを高地で過ごす予定だったので、結局この日しか見られなかった鳥もちらほら…。

宿のスタッフはとてもフレンドリーで話すのは楽しかったです。そんなこんなで1日目終了。適当に街で食事を済ませ翌日に備えました。
IMG_5281.jpg
コタキナバル市内のフードコートにて。慣れない形式で少し戸惑いましたが美味しかったです。

観察種
Eurasian Tree Sparrow Passer montanus スズメ
Rock Dove Columba livia ドバト
Eastern Cattle Egret Bubulcus coromandus アマサギ
Great Egret Ardea alba ダイサギ
House Crow Corvus splendens イエガラス
Brahminy Kite Haliastur indus シロガシラトビ
Spotted Dove Spilopelia chinensis カノコバト
Zebra Dove Geopelia striata チョウショウバト
Little Green Pigeon Treron olax チビアオバト
Pink-necked Green Pigeon Treron vernans コアオバト
Green Imperial Pigeon Ducula aenea ミカドバト
Blue-naped Parrot Tanygnathus lucionensis コオオハナインコモドキ
Glossy Swiftlet Collocalia esculenta シロハラアナツバメ
Swiftlet sp.
Collared Kingfisher Todiramphus chloris ナンヨウショウビン
Sunda Pygmy Woodpecker Yungipicus moluccensis マレーコゲラ
Common Iora Aegithina tiphia ヒメコノハドリ
Pied Triller Lalage nigra マダラナキサンショウクイ
White-breasted Woodswallow Artamus leucorynchus モリツバメ
Malaysian Pied Fantail Rhipidura javanica ムナオビオウギビタキ
Yellow-vented Bulbul Pycnonotus goiavier メグロヒヨドリ
Pacific Swallow Hirundo tahitica リュウキュウツバメ
Asian Glossy Starling Aplonis panayensis ミドリカラスモドキ
Oriental Magpie-robin Copsychus saularis シキチョウ
Olive-backed Sunbird Cinnyris jugularis キバラタイヨウチョウ
Chestnut Munia Lonchura atricapilla キンパラ
25種+
アナツバメの仲間はたくさん飛び回っていますが識別が難しく、正直よくわかりません。とりあえずシロハラアナツバメは見た…。

2/8~2/27九州

こんにちは。先月九州に行ってきたので久しぶりに羽以外の記事を書こうと思います。

後期試験を終えるとすぐに鳥取を発ち、下関から拝んだことしかなかった九州へ初上陸です。他の用のついででしたが、3週間弱滞在できたので空き時間で鳥を探すことに。

滞在先周辺をぶらぶらしているとやけに警戒心の低いトビに出会いました。
トビFA長崎県佐世保市 (11)resize
とても近くで観察できました。通りすがりのおじさんは触れていましたし最初怪我でもしているのかと思いましたが、そういうわけでもないようで、普通に飛べていました。いったい何だったのか…。光彩色、胸の羽毛のパターンなどから雌成鳥と推定。

ホシムクドリ佐賀県佐賀市川副町大字犬井道 (4)resize
ホシムクドリ
年末に鳥取でツグミの群れに1羽だけ混ざっていたのを遠目に見ただけだったこの鳥も、百羽単位の本種のみの群れで見られ、さすが九州だなあと感じました。羽を拾ってみたいものです。

ヘラサギ諫早市諫早中央干拓 (8)resize
ヘラサギ
夏羽が出始めていて美しかったです。山陰で鳥を見ていると九州と冬場の鳥のラインナップがちょっと似てくるんですよね。それでも大陸系の鳥は流石に見やすくて良いですね。

ナベヅルB群諫早市諫早中央干拓 (11)
ナベヅルの家族
渡り途中なんでしょうね、初めて見ました。撮影が下手なので顔にピント合わせるのに苦戦しますが、見ごたえのある鳥でした。

かなりざっくりとかいつまんでの振り返りですが、その他にも面白い観察ができました。悪天候の中あちこち連れ回してくれた友人に感謝します。寒かったけどとても楽しかった。
次回は生き物メインで訪れたい場所ですね。春にシギチ修行&羽採集に行かなければ…。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
鳥取県在住の生き物好き大学生。
西日本を中心に野鳥観察、羽毛収集などをしています。
生き物ブログのつもりで始めたはずが、気付けばほぼ羽ブログに。誤同定などありましたらご指摘頂けると幸いです。
写真の無断使用は固くお断りします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる