スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴き声に関する用語

一日中雨です(苦笑)。
囀り さえずり

主に繁殖期に鳴く特別な節回しの鳴き声。 一般的には主にオスが鳴きますが、タマシギはメスが鳴きます。
__________
地鳴き じなき

個体同士の合図に使われる鳴き声。一般的に地味な単音で、繁殖期・越冬期・雌・雄・成鳥・幼鳥の区別なく鳴きます。
__________
ぐぜり

完成されたさえずりとは異なり、つぶやきのように続けるはっきりしない鳴き声。 地鳴きのさえずりの一部、時には他の鳥のまねを入れることもあります。
__________
高鳴き たかなき

「モズの高鳴き」といって、秋にモズが「キーキーキー、キチキチキチキチ」と甲高く鳴く声をいいます。これは縄張り主張の意味です。オスもメスも高鳴きします。
__________
谷渡り たにわたり

「ウグイスの谷渡り」と呼ばれる鳴き方で、ウグイスが警戒する時の鳴き方です。「ケキョッケキョッケキョッ」と連続して鳴きます。何故「谷渡り」と呼ばれるかは、谷に響き渡るような大きな声だからという説があります。
__________
聞きなし ききなし

鳴き声を言葉になぞらえたもの。ホトトギスの「特許許可局」は有名。

スポンサーサイト

分布に関する用語

渡り わたり

繁殖地と越冬地を、年に1往復、季節にともなって移動すること。この移動をする鳥のことを渡り鳥といいます。
__________
夏鳥 なつどり

繁殖するために日本に渡来する渡り鳥。春に渡来し夏を過ごし、秋に南方へ渡って越冬します。(例:チュウサギ、サシバ、ツバメなど)
__________
冬鳥 ふゆどり

越冬するために渡来する渡り鳥。秋に渡来し冬を過ごし、春に北方へ渡って繁殖します。地域によって冬鳥かどうか鳥種が異なります。(例:オオワシ、マガモ、ツグミなど)
__________
留鳥 りゅうちょう

同じ地域に1年中生息して、季節的な移動をしない鳥。ただし、同じ個体が同じ場所にいるわけではなく、短距離の移動を行う。(例:カイツブリ、キジ、スズメなど)
__________
旅鳥 たびどり

渡りの時期に、日本を通過する途中に立ち寄る鳥。主に春と秋が通過するのが普通。一般的に日本の南方で越冬して、日本の北方で繁殖します。(例:アカハラダカ、キョウジョシギ、マミチャジナイなど)
__________
迷鳥 めいちょう

その種類の通常の分布域や、渡りのコースから大きくはずれて、日本に渡来した鳥。(例:メジロガモ、アカアシチョウゲンボウ、クロジョウビタキなど)
__________
漂鳥 ひょうちょう

留鳥ではあるが、国内で繁殖地と越冬地を変え、小規模の季節移動をする種。 山地で繁殖し低地で越冬するものや、北方で繁殖し南方で越冬するものなどがあります。(例:ハイタカ、ルリビタキ、ミソサザイなど)
__________
越夏 えっか

渡り途中の冬鳥が何らかの原因によって本来の繁殖地とは違う地域で夏を越すことをいいます。また、繁殖能力のない若齢の非繁殖個体が越冬地やその付近で夏を越すこともいいます。(昨年7月にジョウビタキを見ました!!)
__________
越冬 えっとう

渡り途中の夏鳥が何らかの原因によって本来の越冬地とは違う地域で冬を過ごすことをいう。

間違いがあればご指摘願います。

姿に関する用語

全長  ぜんちょう

くちばしから尾の先までを、真っすぐにした時の長さ。
___________________________
♂  おす    

雄を表す記号
___________________________
♀  めす

雌を表す記号
___________________________
換羽  かんう

羽毛が抜け変わること。年1回の全身の換羽は夏の終わりに行われますが春にも一部分の換羽が行われるものも多くいます。夏羽冬羽と年2回換羽の鳥もいます。幼羽から成鳥になるとき換羽します。成長過程における換羽については、成長順に第○回(夏・冬)羽と呼びます。カモメ類は4年くらいで成鳥になります。シギやチドリ類については第1回冬羽が部分換羽の種が多いです。
__________
成鳥 せいちょう

繁殖できる年齢以上で、それ以上羽色が大きく変化しない鳥。種類によって成鳥になる期間が異なります。
__________
ヒナ ひな

一般にふ化後、羽毛が生えそろって巣立ちするまでの期間の鳥。 また、小鳥では親の世話を受けている時期も含まれます。
__________
幼鳥 ようちょう

巣立ち後、第1回換羽(その年の秋)までの時期の鳥。
__________
幼羽 ようう

幼鳥の羽衣(うい)。
__________
若鳥 わかどり

第1回換羽後、成鳥羽に換羽するまでの時期の鳥。
__________
夏羽 なつばね

繁殖期や「つがい」をつくる時期の羽色。一般に春の換羽によって夏羽になりますが、 アトリやノビタキなどのように羽毛の先端部分がすり切れて、内側の羽色が見えてくる場合もあります。
__________
冬羽 ふゆばね

非繁殖期の羽色で、一般に夏の終わり頃の換羽によって冬羽になり、地味な色をしていることが多い。カモ類の冬の羽色は例外で冬でも夏羽とよびます。
__________
エクリプス Eclipse

カモ類のオスは、繁殖期の後に全身換羽が行われ、その羽色は地味で、メスと良く似ています。 この非繁殖期の羽をエクリプスといいます。語源は日食や月食のかげること。
__________
飾り羽  かざりばね

繁殖期に見られ、他の時期には見られない飾りのような美しい羽毛。(例:ダイサギ、オシドリなど)
__________
冠羽 かんむりばね、かんう

頭から生えている冠状の羽。(例:カワアイサ、ヤマセミ、カシラダカなど)

羽根の部位4

説明ばかりですが・・
昨日忘れてましたが、略称は
初列風切 Primaries→P     次列風切 Secondaries→S
三列風切 Tertials→S      小翼羽 Alula→Al
初列雨覆 Primary Coverts→PC 大雨覆 Greater Coverts→GC
中雨覆 Median Coverts→MC  小雨覆 Lesser Coverts→LC 尾羽 Tail→T
上尾筒 up Tail Coverts→upTC 下尾筒 under Tail Coverts→unTC
です。
hane.jpg
尾羽 上ツツドリ 下カッコウ
内弁と外弁合わせて羽弁といいます。羽根のつくりを簡単にいうと、羽軸から羽肢がのび、羽肢からさらに小羽肢がのびて、それがからみあって羽弁を形成しています。ややこしくなりそうなのでこのくらいにしておきます。
根元の方は羽弁はなく、綿状羽肢というふわふわした形状になっています。
外側の初列風切には内外弁にそれぞれ内弁欠刻、外弁欠刻とよばれる段差があります。
IMG_7530_800x600.jpg
風切羽と翼 オカヨシガモ メス
翼から雨覆などを取り除いた状態です。
羽根の根元は羽弁がないので腕との間に隙間ができてしまうのが分かります。この部分を覆って流線型をつくっているいるのが雨覆になります。

続きを読む

羽根の部位3

翼には多くの種類の羽があります。
kinkurohaziro.jpg
翼上面 キンクロハジロ オス
ざっとこんな感じです。手羽で考えると
手羽先に生えているもの・・・初列風切 初列雨覆 小翼羽
手羽中に生えているもの・・・次列風切 大雨覆 中雨覆 小雨覆
手羽元に生えているもの・・・三列風切 大雨覆 中雨覆 小雨覆
と考えていただくとわかりやすいかと。
初列風切、次列風切、三列風切をまとめて風切羽といいます。
雨覆は風切羽の根元を覆っている羽根です。
小翼羽は飛翔中に開くと翼から指の様に突出した形になります。着地のときなど、翼をたてるときに発生する気流の乱れをなくす働きがあります。
なお、小雨覆は他の雨覆と違い、何層かあります。翼の付け根あたりに肩羽があるので、翼をたたむと雨覆の上に肩羽が重なります。

kinkurohaziro2.jpg
翼下面 キンクロハジロ オス
下面には上面と同じように、風切羽の根元を覆う「下雨覆」という羽があります。並びは上面と同じですが、翼の断面でみたときに流線型になるように、羽根の反り方が逆になっています。翼の根元、つまり脇には「脇羽」があります。

キンクロハジロはカモの仲間の野鳥。
冬に日本にやってきます。

カモということで、カモ類、大型キジ類、その他大型の水鳥には主に初列風切の裏に「光沢弁(シャイニーパッチ)」というフィルム状の部分があります。
カルガモ

カルガモ
矢印の部分にあります。役割はよくわかっていませんが個人的には羽根の補強に役立っている気がします(苦笑)。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の鳥好き高校生
趣味は羽根集めです。
誤同定はご指摘お願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。