コムクドリの羽根

昨日街中の駅前で拾ったコムクドリの羽根を紹介します。ムクドリのねぐらがあり、そこに混じっているようです。大量のムクドリの羽根の中からコムクドリの羽根を探すのは宝探しのようで楽しいです。
001_20160808210423883.jpg
コムクドリ たぶん全部雄
左2枚が初列風切、右2枚が次列風切です。内弁の白色部が目立ちます。
002_201608082104244db.jpg
次列風切の外弁。雄には緑色の光沢があって綺麗です。
003_201608082104262ca.jpg
初列風切の光沢部分。雌には光沢はありません。
スポンサーサイト

ポピュラーなあの鳥の羽根

土曜日にフクロウの食痕から拾ってきたムクドリの羽根を紹介します。
馴染み深く迷惑扱いされることもあるムクドリは、羽根に目を向けると特徴的な羽根を持っています。
002_201605021825581bb.jpg
右風切羽
成鳥雄だと羽弁の色がもっと濃いようなので、よく分かりませんが雌か幼鳥かもしれません。初列風切P10、6、2と次列風切が4枚、三列風切は欠落しています。
特徴は
・羽軸の白い部分が他の種と比べ長い
・外弁に淡色の縁取り(次列風切ではより太め)
・初列風切基部の白色部
・初列風切先端が地上で採餌するため擦り切れている(この個体は羽根が新しいのかそこまで顕著ではありません)
・内側次列風切と三列風切の光沢部分
といったところでしょうか。1度拾ったことがあれば間違いようのない羽根です。まああまり綺麗とは言えませんが・・・。
003_201605021825596c0.jpg
左風切羽
こちらは次列風切がだいたい揃っています。足りないのは三列風切Te3,2と次列風切が1枚、初列風切P1~5、9,10です。左2枚は太い淡色の縁取りが目立ちますがもともとの模様なのか擦り切れたり日焼けによるものなのかはいまいち分かりません。分かる方いらっしゃれば教えていただきたいです。
尾羽は見つかりませんでした、残念・・・。家のまわりにあまりいないせいか、あまり羽根を拾ったことがなく、尾羽は持っていません(汗)。
005_20160502182602b6f.jpg
初列風切基部。羽軸が白いのが目立つことと、羽弁にも白い部分があるのが分かるかと思います。
004_201605021826017bc.jpg
三列風切。外弁(写真では羽軸の下側)中央に深緑色の光沢が見えます。写真では分かりませんが内弁先端部にも光沢部分があります。都会であればねぐらの木の下でたくさん拾えるかもしれません。
ムクドリは手持ちが少ないので同一個体のものが手に入ってよかったです。食べられてしまったムクドリさんには申し訳ありませんが。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の鳥好き高校生
趣味は羽根集めです。
誤同定はご指摘お願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる