スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活が始まってます

今日は部活で近くの神社(いつもとは違うところです)に調査に行ってきました。
絶滅危惧種の植物の調査だったのですが他にもいろんな生き物に会えてとても楽しかったです(笑)。
草むらで見つけたカナヘビです。
002_201604301909409fd.jpg
他にもいろいろ見られましたが個人的には途中で上を飛んで行ったサンショウクイが嬉しかったです。サンショウクイはライファーです。数日前から登下校中にそれらしき声を聞いていてサンショウクイだったらいいな、と思っていたのですが、見れてよかったです。
帰りによったいつもの神社ではヤマカガシにも会えました。赤い模様が無いタイプだったので最初アオダイショウだと思っていました(汗)。
スポンサーサイト

シジュウカラ雛が孵りました

今日久しぶりに巣箱を覗いてみました。
001_2016042917544829a.jpg
これは先週の土曜日(23日)に撮ったものです。卵は10個ありました。思っていたより多かったですがシジュウカラとしてはこれくらいかな、と思っています。
002_20160429175449033.jpg
今日(29日)
雛が孵っていました。見た感じ少なくとも8羽はいるようです。まだまだ小さく目も開いていません。親鳥がよく餌を運んでいました。
003_201604291754510b7.jpg
これからが楽しみです(笑)。

久しぶりの更新です

すみません、最近本当に忙しくてネタもなく更新がおろそかになっていました(汗)。
写真も撮っていませんが学校は楽しいです。でも中学の通学路が開けた環境だったので環境が変われば見られる鳥も変わってくるのを改めて実感しました。ヒバリやコシアカツバメは見られませんがウグイス、キビタキ、オオルリ、ヤマガラなどは毎日のように声が聞こえます。

今季初のキビタキ

神社に行ってみると、この1週間でフクロウはここで鳥を食べていないようで羽根は前の拾い残し以外にはありませんでした。
キビタキは少し前から毎日のようにさえずりを聞いていましたが姿を見れていませんでした。神社ではキビタキのさえずりをたくさん聞くことができました。オスしか見つかりませんでしたが3羽ほどはいたようです。飛来したてなので縄張り争いもしていました。
002_20160423181013faa.jpg
あまりにも写真が見にくかったので初めてPCの編集機能でコントラストをあげてみました。
003_201604231810141ad.jpg

004_201604231810163ae.jpg

ツバメの風切

これもフクロウの食痕から拾ってきたものです。ここのところ神社のフクロウに羽根をもらってばかりです(汗)。たまには自分で山で羽根探ししてもいいかなとは思いますが、こっちの方が断然効率がいいのでついつい・・・。でもツバメを襲うということはフクロウは結構開けたところにも出てきているのかもしれませんね。
013_20160422223226c53.jpg
ツバメ 初列風切 たぶんP3~P8
ツバメはあんなにたくさんいるのにあまり羽根は拾ったことがなく、今回初列風切単体で手に入ったのでイワツバメ、コシアカツバメとも見比べてみました。
羽根の形状(外弁、内弁ともに欠刻がなく羽弁の幅はあまり変わらない&外側と内側の長さの差が大きい)には違いが見当たりませんが、光沢や大きさで少しは識別できそうです。たくさん見ていないので絶対とはいえませんが自分なりにまとめてみました。
まず大きさは成幼で変わってくるかとは思いますがイワツバメ、ツバメ、コシアカツバメの順に小さいようです。
光沢はツバメには紺や緑っぽい強めの光沢部分がありますがイワツバメには特に目立った光沢はありません。コシアカツバメはかすかに出ているか出ていないかきわどい感じです。
あと、コシアカツバメは他の2種と比べ内弁がかなり白っぽくなっていて、内側初列風切の先端にはベージュの縁取りがあり、識別点になると思います。
015_20160422223227256.jpg
例によって重ねてみました。昨日のカケスと比べ全体的に細くとがっているのが分かるかと思います。シャープな感じでかっこいいです(笑)。そのうちコシアカツバメも紹介するかもしれません。

やっぱり綺麗なあの羽根

予告通りカケスの羽根を。これもまたフクロウの食痕から拾ってきたものです。
002_20160421215126121.jpg
カケス 右風切羽
枚数は足りませんが外側の羽根には外弁に白色部が、内側には青の模様がぼんやり入るのは分かると思います。
004_20160421215127556.jpg
次列風切
外弁には白色部と青が両方入りますが、内側には白色部がなくなったり青がでない羽根もあります。でもこの模様の出方には個体差があるようです。今日は写真の写りが悪いですね(汗)。
006_201604212151295f3.jpg
尾羽
これだけしか見つかりませんでしたが、他の多くの鳥と同じく片側6枚、計12枚あります。この大きさでこの縦横比の羽根はあまりないと思います。基部にもうっすら青が入りますがこれも個体差が大きいようです。
008_20160421215130631.jpg
翼の羽根を生えていた状態(たぶん)に並べてみました。初列雨覆と大雨覆、それとここにはありませんが小翼羽にも青のグラデーションが出ます。
カケスの羽根はやっぱりきれいです。何度拾ってもうれしくなる羽根の代表格だと思います(笑)。

in蒜山高原

高校の合宿で蒜山高原に来てます。あと1カ月遅かったらカッコウが見られたかも知れません。30km歩いてかなり疲れました。思っていたより鳥種は平地と変わらないと思いました。
見聞きした鳥
ウグイス ホオジロ キジ ヤマガラ ノスリなど
まあまあですね。

セグロセキレイ幼鳥の羽根

本当はカケスを紹介しようかと思ったのですが、前に紹介したのがオオルリだったので青系統じゃないものを紹介しようと思います。土曜日にフクロウの食痕から拾ったセグロセキレイの羽根です。
010_20160419231657ac2.jpg
セグロセキレイ 幼鳥 右風切羽
捕まえたところで抜けてしまったのか、尾羽はありませんでした。羽根の中でも尾羽は抜けやすいですからね。羽軸の根元が折れていますが伸びきっていないので幼鳥だと思います。右3枚が三列風切、その左2枚が次列風切、あとは初列風切です。実際は次列風切は6枚、初列風切は10枚あります。ハクセキレイとは三列風切の模様の入り方が違うので区別できますが、尾羽も三列もなかったら僕には識別できないかもしれません(汗)。
羽根自体は良い状態なのですが、根元がかじられちゃってるのが少し残念です。。。

アオダイショウ

先日会ったアオダイショウ。
026_20160418223726c66.jpg
この日は他に数匹見ました。これからの季節、ヘビも増えてきて気を付けないといけませんね。まぁ毒蛇じゃなかったら大丈夫ですが(アオダイショウなら噛まれたことがあります。そういえばアオダイショウにも少し毒があるそうです・・・)。
027.jpg
なかなか顔にピントが会いません(苦笑)。

続きを読む

シジュウカラとツバメ

昨晩は風雨がすごかったです。
昨日シジュウカラを撮っていたらたまたまバックにツバメが写りました(笑)。
009_201604172224000f3.jpg
家の巣箱を使っているメス親です。普段はメスが卵を抱いていて、オスはその辺の電線でさえずっていますが休憩(餌探し)しに出てきたようです。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の鳥好き高校生
趣味は羽根集めです。
誤同定はご指摘お願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。