ツバメとコシアカの比較(次列・三列風切)

昨日に引き続きツバメとコシアカツバメの比較です。
014_20160509191523f5c.jpg
ツバメ 次列・三列風切
右の1枚が三列風切Te1だと思います。
先端が白く見えているのは光を反射しているためで、実際にはありません。
017_20160509191524cab.jpg
左ツバメ 右コシアカツバメ いずれも次列風切
ツバメとアマツバメの仲間の次列風切は先端が2こぶになっていて分かりやすいですね。
光沢はツバメの方が強く、内弁の端の色が薄くなっている部分はツバメよりもコシアカの方が白っぽいです。羽軸の色はツバメの方が褐色味を帯びていますが、これは個体差もあるかと思います。
018_2016050919153358b.jpg
左ツバメ 右コシアカツバメ いずれも三列風切Te2
コシアカの方がひと回り大きいようです。光沢はやはりツバメの方が顕著にでていますね。コシアカ幼鳥には先端に薄いオレンジ色の縁取りがありますが、摩耗によって分かりづらくなることもあるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の生き物好き高校生。メインは鳥で生態、形態ともに興味があり、主に地元でマイペースに観察しています。
誤同定等あればご指摘いただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる