スズガモの翼羽など

模試やら定期テストに押しつぶされて忙殺されていましたが一応ひと段落したので久々に更新。季節外れなのは否めませんがなかなか更新できていないので書けるときにアップしておこうと思い、昨年の春に河口で食痕から拾ったスズガモの羽について書くことにしました。

本個体は河口の中州に散らばっていたのを見つけたのですが、中には肉片ごと数枚まとめてちぎられているような部分もあり、よく見かけるタカ類の食痕とはいささか違った雰囲気を感じました。かといって捕食者が何なのか僕には分かりませんでしたが、ハヤブサなんかだとハイタカ類やクマタカなんかとはバラし方が少し違っていたりするのでしょうか。前に紹介したカモメと同じ河口で拾ったのですがあのカモメも皮膚の一部に次列風切と大雨覆、下雨覆が付いた状態で落ちていたのがいくつかあり、今回のスズガモと通じる部分があるように思います。

20180402112407aad.jpeg

スズガモ(Aythya marila /Greater Scaup)
雄 右風切
初列風切はP9,8,5,4,3,2,1で、P10,7,6が欠けています(反対側と照らし合わせました)。次列風切はよくわからないのでとりあえず適当に外側のものから並べました。並べたつもりですが画像の右から2枚目の羽根はもっと外側ですね、、、(汗)

20180402112527fec.jpeg
左初列風切
最外初列風切以外は揃えられたでしょうか・・・外側から徐々に入る白色部のグラデーションが美しい。羽の抜き方が荒いのか傷んでいる羽根が多く見受けられます。

20180402112459dcf.jpeg
左次列風切
こちらも右側と比べるとだいぶ揃えられたように思います。並びは自信ないですが大体あってるはずです(苦笑)
各羽根の内側の白色部が連なって野外で飛翔時などに見える白帯となっています。気になるのは先端の黒色部に入る淡色の細かい模様ですが、ネットなどで少し調べてみると雌や雄の若い個体ではほとんどそれがないものがあり、雌雄年齢差があったりするのかななどと考えたりしました。亜種nearcticaはより体上面の波状斑が粗いとされ、次列風切先端の細かい模様も雌雄ともにほとんどないようでした。もちろん個体差もあると思うのでそのあたりも考える必要がありますが。
キンクロハジロよりはひとまわり大きいようで、大きさも見分ける手掛かりにはなりそうです。

2018040211260836b.jpeg
上段左から次列大雨覆、小翼羽、初列大雨覆
中断左から手根大雨覆?、初列小雨覆?小雨覆、中雨覆
下段左から上膊風切、尾羽、肩羽?、下雨覆
雨覆の霜をふったようなちりめん模様がとても美しい。大雨覆や小翼羽のちりめん模様の出方には個体差があるのか、それとも年齢差によるものなのか分かりませんでしたが気になります。他のサイトを見る限りでは少しちりめん模様の範囲が狭いですが雄成鳥としてもいいのではないかと思いました。だとすれば1枚しかないですが尾羽の先が割れていないのも納得がいきます。尾羽は伸長中ですが他の海ガモと識別できる気がしません。海ガモの尾羽はなかなか難しく感じます・・・。

参考:決定版日本のカモ識別図鑑
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の生き物好き高校生。
生き物ブログのつもりで始めたはずが、気付けばほぼ羽根ブログに。誤同定などありましたらご指摘頂けると幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる