キジバトの上下尾筒

ブログにもよく登場しているキジバトの羽根です。
今日紹介するのは上尾筒と下尾筒です。
010.jpg
左 上尾筒、右 下尾筒
どちらも右側です。この個体は上尾筒も下尾筒も尾羽と同じ枚数で片側6枚、計12枚ありました。
それぞれ尾羽の上側と下側を覆って流線型を形作っている部位で、中央が一番長く、外側に行くにつれて小さくなります。
上尾筒と下尾筒は羽根の横から見た羽軸の曲がり方が他の部位と違います。他の部位が全体的、または基部に近いところで湾曲しているのに対し、羽根の基部から少し離れたところで湾曲しているのが特徴です。また、下尾筒は上尾筒よりも羽弁の両サイドの巻き込みが強いです。
下尾筒はその種の特徴がよく表れていることも多いので模様も大きな手掛かりになります。キジバトなら模様がなく全体的に乳白色というのが特徴です。アオバトなら独特の模様があり面白いですが・・・。
011_20160401152125cf1.jpg
左側も一緒に並べてみました。生えている状態はたぶんこんな感じです。左上尾筒の中央の羽根は、換羽中で鞘に包まれています(写真中央上)。この状態から羽肢が成長していき、鞘が少しづつ剥がれ落ちて羽根が伸びきります。
008_20160401152123669.jpg
尾羽も整理しました。尾羽などにも換羽中の羽根が3枚あり、羽根自体が小さいので幼鳥かもしれません。キジバトは大きさに個体差がかなりあるので微妙ですが、拾ったのが1月なので成鳥が換羽している時期ではないと思います。キジバトは年中繁殖するのでこの時期に幼鳥がいてもおかしくはありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

O先生へ
遅くなってすみません。非公開の拍手コメントだと返信できないのですみませんが記事のコメント欄でコメントくださるとありがたいです。
カワラヒワも巣作りしているのですね。雨で大丈夫か少し心配ですが見てみたいです。学校の方で必要ないのであればもらいに伺ってもいいでしょうか。今家の巣箱でもシジュウカラが巣作りしています。
確かにハトの巣は粗雑ですよね。だから巣から落ちたりするのも多いのでしょうか。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の鳥好き高校生
趣味は羽根集めです。
誤同定はご指摘お願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる