ヒドリガモの初列風切

遅ればせながら明けましておめでとうございます。不定期ですが更新していきたいと思いますので今年もよろしくお願いします。

さて、先日入手したヒドリガモの風切です。この個体には若干雄化っぽい特徴が見られ気になったので少し教えてもらったりしました。結論としては初期雄化なのかなーと。カモは本当に難しく僕も全然分かりませんが笑

ヒドリガモ 雌幼鳥→第一回生殖羽 初列風切
他のカモ類との識別は困難を極めそうです。カルガモ以外のカモで初列を持ってるのが以前あげたオカヨシ雌しかないのでなんとも言えませんが、とりあえずオカヨシ雌と比較してみました。大きさはほぼ一緒です。
・内弁の白色部
オカヨシ・・・先端を除く内弁全体には入り、基部にいくほど白い。グラデーションは基部→先端、内弁羽縁→羽軸へ濃くなる。
ヒドリ・・・内弁基部のみに入る。境はオカヨシと比べ不明瞭。
・まだら模様
オカヨシ・・・内弁羽縁にかすかに入る。
ヒドリ・・・白色部全体に明瞭に入る。
・外弁と内弁の色の境
オカヨシ・・・明瞭。 ヒドリ・・・不明瞭。
・P10の外弁
オカヨシ・・・先端以外は内弁と同じ淡色。
ヒドリ・・・内弁よりは濃く先端と同じ色。
・内側初列風切の先端
オカヨシ・・・無斑。
ヒドリ・・・汚白色の斑がある。
こんな感じでしょうか。気付いた点は全部書きましたが1個体ずつを比較したにすぎないので雌雄や年齢、個体差などで変わってくるかと思いますし参考程度にしかならないでしょう。

思っていたより長くなってしまったので続きはまたにします。

続きを読む

オオハシシギ

携帯からの更新です(汗)。
クリスマスにバーダーの方々と鳥見してきました。
初めての場所でしたがライファー2種含めたくさん見られとても楽しかったです。

オオハシシギ
ライファーです。とても愛想のいい子でした。かわいい!!

ちょっと引き気味で。ゆっくり観察することができました。

ゴイサギの羽根続編

なかなかパソコンをゆっくりいじる時間が取れないのでついでにもう1つ記事を書きます。

先日のゴイサギの続き。暗くてみにくい画像ですがお許しを。
001_20161228200809f87.jpg
ゴイサギ 幼鳥? 初列雨覆
先端外弁側に明瞭な白斑が入ります。他の部分は灰色がかったこげ茶色みたいな感じの色をしています(言葉に表しにくい)。
002_2016122820081033c.jpg
大雨覆
白斑は根元に対して逆三角形の形にでる傾向があるようです。また初列雨覆と違って外弁に茶色の縁があります。
003_20161228200811210.jpg
先端部の拡大。
004_201612282008138e9.jpg
小翼羽
4枚ありました。白斑と羽縁あり。
006_20161228200814a62.jpg
肩羽
ぼろぼろですが少し茶色がかった斑がでます。

冬の海にて

少し前に海岸まで行ってきました。アシスト付きの自転車でも片道30㎞はちょっとしんどかったです(汗)。
024_20161228195149662.jpg
ウミアイサ
3羽ほどいました。今シーズン初で、そこまで珍しくはありませんが海に行く機会が少なく会うと嬉しくなります。
027_20161228195150871.jpg
スズガモ
道中も含めその他ハジロカイツブリ、セグロカモメ、タシギなど53種を観察できました。楽しかったです。
それにしても写真が汚い・・・今は全てコンデジかスマホで撮っているので仕方ないと言えばそうなのかもしれませんが、コンデジをもっと極めたいです(苦笑)。

至近距離のクマタカ

気が付けばもうこんな時期に・・・。とんでもなく久しぶりの更新となってしまいました。
スマホ×望遠鏡、双眼鏡や顕微鏡で写真はちょっと撮ってはいるのですがカメラの方の画像があまりありません7(汗)。少し前のものですがクマタカを。
114 (2)
今年生まれの幼鳥だと思います。とても近くでの遭遇でしたがストレスを与えてしまったかもと後から少し反省。まあ鳥を見るという行為自体少なからず野鳥に観察圧というかストレスを与えてしまっているんですけどね・・・(苦笑)。
118.jpg
若くても冠羽はちゃんとありますね。
プロフィール

ICHI

Author:ICHI
兵庫の鳥好き高校生
趣味は羽根集めです。
誤同定はご指摘お願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる